資格ランキング

  •  
  •  
  •  
  •  

コンサルを極めたいなら

第3位「中小企業診断士」

 

これは世間でかなり需要度の高い資格と言えるでしょう。

 

なぜなら日本の中小企業の割合は全体における99.7%。
全企業が中小企業診断士を求めているわけでないとは言え、市場としては圧倒的な広さがあります。
コンサル業界に携わりたい人にとっては、持つべき資格と言えるでしょう。

 

そんな中小企業診断士の主な業務内容ですが、中小企業の経営相談、助言がメイン業務です。
これは中小企業診断士の資格がなくともコンサル業として行えるのですが、
国や都道府県が設置している支援機関に専門家として登録の上で業務を行うので
信用力が高まることと、中小企業診断士同士のネットワークが活用できることは
資格取得者ならではの大きなメリットになります。

 

中小企業診断士登録者の7割が企業内診断士だそうで、独立している割合は低いのが現状です。
これは独立すると年収が下がってしまう可能性があるという理由がそのひとつのようです。
また自己啓発を目的として取得した人にしてみれば独立の必要性もそれほどないのかもしれません。

 

独立すると年収が減るという話が出ましたが、中小企業診断士の平均年収は730万円ほど。
サラリーマンの平均年収が400万円ですから、なかなか良い数字と言えると思います。
いまどき、700万稼げるのはすごいことですよね!

 

こう見ると独立しなければメリットもたくさんある中小企業診断士ですが、
合格率は大体1次試験、2次試験ともに20%程度で最終的な合格率としては4%・・・
これは合格するのに相当な勉強時間を要しそうです。。。

 

ただ市場は無限大にあります。
コンサルを極めたい方にとってはすごく良い資格だと思いますので、
根気よくチャレンジしてみるのが良さそうです。

 

次のページでは第2位の資格を紹介します!

 

関連記事

おすすめ資格

役立つ資格ランキング